人との出会いは不思議なご縁です

人との出会いは不思議なご縁です

父が他界した後、マンションで暮らしていたのは母親と私の2人で、
姉妹は既に結婚して家を出ていました。
いよいよ、私の結婚が決まると、母はさっさとマンションを売り払
い、念願だった郊外に庭付きの小さな戸建てを購入したのです。最
寄の駅やショッピングセンターまでの距離を考えますと、決して利
便性のある場所ではありませんでした。
それでも大人しい母には豊かな自然に囲まれた、静かな環境が合っ
ていたようで、趣味の洋裁や編み物が一日も早く出来るのを、楽し
みにしていましたが、引越しは少しずつ進めることにしていました。
それが突然、私たちのマンションを購入した家族から、入居を急ぎ
たいの申し入れがあったのです。そんな訳で早急に引越しをする羽
目になってしまいました。
兎に角、ネットの口コミを利用して、割りと評判のいい業者を3-4
社選び、一括で見積もりを依頼しました。どこも同じ様な金額の提
示で最終的にはサービス内容と、電話での対応の感じの良さで決め
ました。業者のスタッフは若手揃いでしたが、引越しの段取りから

終了まで一貫して礼儀正しく丁寧な仕事ぶりで、破損した荷物は何
一つありませんでした。
引越しから5ヶ月間、新しい家で母と過ごした後、私は嫁いたので
すが、実は驚く事がありました。引越しの際、来てくれた業者のス
タッフの1人が新婚の奥さんを連れて、1人暮らしの母の元を挨拶
に訪れてくれたのです。
母とは孫ほども年の離れた若夫婦、今時珍しいカップルだと感心し
たのを今でも鮮明に憶えています。母との交流はその後2年間、若
夫婦が故郷へU-ターンするまで続きました。母の事を実母のように
慕い、気に掛けてくれた2人の事をよく思い出します。